FC2ブログ
 
■プロフィール

アクエリアン界・滝倉一生

Author:アクエリアン界・滝倉一生
E-ラーニング・アクエリアン=透き通った愛と光に溢れる世界。「未来の扉・人間の科学210話」より月曜日・木曜日の週2回載せます。アクエリアンブログ発信メンバー=藤寧子(岩手)・滝倉一生。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドイツのある先生の話(前半)
「未来の扉・210+α」より今週の一話。

ドイツのある先生の話 (未来の扉・14)


(前半)
  ドイツのある学校にある時、
  一人の有名な児童心理学者がやって来ました。
  あるテストのためです。

  小学校三年のあるクラス選び、約六十人の生徒に
  小学二年生の問題を渡してテストを始め、ある一定の
  時間で全員同時に提出させ、その中から無差別に
  十人を選び、重要な話があるからと、
  その子供と、その親と先生と校長先生を一堂に集まって
  もらい、その児童心理学者が皆に言いました。
 『私は永い間、人という動物と人間という生き物の
  研究をしてきました。

  今回のテストの結果から言えるのですが、この子供達は、
  非常に素晴らしい才能を持っていることがわかりました。
  これからは、そのことを十分わかった上での環境を
  つくり育成するように』・・。

  吾が子が学校の先生や友達の前で、有名な先生にその様に
  言われたら・・・どうします。

  「知・情・意・バランス人間」の育成で児童教育のはじまり。

  この子ども達は半年後素晴らしいことが起きたのです。
  考えてみましょう・・木曜日まで・・
     あなたのにも環境も素晴らしいことが・・・


                  アクエリアン滝倉一生

  


  関連する質問やご感想は、コメント欄へ。   希望の方は、コメント欄へお書き下さい。

スポンサーサイト
「釣り人の質問」 | 11:27:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。