FC2ブログ
 
■プロフィール

アクエリアン界・滝倉一生

Author:アクエリアン界・滝倉一生
E-ラーニング・アクエリアン=透き通った愛と光に溢れる世界。「未来の扉・人間の科学210話」より月曜日・木曜日の週2回載せます。アクエリアンブログ発信メンバー=藤寧子(岩手)・滝倉一生。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「話」と・・・「気持ち」を聴く(第2部)
「話」と・・・「気持ち」を聴く

(未来の扉・33)

(第2部)

3回読んで考えて見ましたか・・ならば・・聴き方訓練
1・「うなずき」・・・聞き方でなく聴き方1

相手の話を目で聴き、気持も知るためには「なるほど、なるほど」と
頷きながら聴く習慣。「知ってる知てる」は相手が話づらくなり、
気持も感じない・「なるほどは頭が前に、知ってるは後ろに」

2・認め言葉を使う・・一旦は聞き方でなく聴き方で・・
「の=ノー」で認めて返す。・・・「ノ」は「愛」
相手の言葉に「ノ」をつけて返す。「・・・ノ」を認め言葉として活用。
例えば、子供が「オモチャが欲しい」と言ったら「オモチャが欲しいノ」。
「何々を食べたい」には「何々を食べたいノ」。「・・」には「・・ノ」。
「勉強をしたくない」には「勉強したくないノ」。
「学校に行きたくない」も同じ。又、「酒飲みたい」にも「酒飲みたいノ」。
この時必ず目的言葉を正確に、省略しないことが大切。

往々にしてやる失敗『だめ・なぜ・どうして』との詰問。
(認=言葉を忍ばせる・刃が心にささる言葉でも一旦は
「認め言葉・ノ」で受け止める)「ノ」は愛の言葉として・・
試し・・紙を出して「受ける」という字を書き、その中心「又」の上に
「心」を入れて見てください。「何と読みますか・・?
愛という字に近づいていませんか、

しかし、愛という字ではないのです。そうです。
「ノ」が足りないです。愛は心をノで受け止めるのです。
ありのままを認める愛の言葉です。

此処までも前と同じように3回読む(情・意)
ためであり金曜日のため・モテるし「儲かる」ため・

                  アクエリアン滝倉一生

   ----------------------------------------------
   関連する質問やご感想は、コメント欄へ。
   希望の方は、コメント欄へお書き下さい。

スポンサーサイト


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。