FC2ブログ
 
■プロフィール

アクエリアン界・滝倉一生

Author:アクエリアン界・滝倉一生
E-ラーニング・アクエリアン=透き通った愛と光に溢れる世界。「未来の扉・人間の科学210話」より月曜日・木曜日の週2回載せます。アクエリアンブログ発信メンバー=藤寧子(岩手)・滝倉一生。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『先生』と『先生』(前半)【テキスト】

『先生』と『先生』

(未来の扉・99)


(前半)
人も人間は誰もが何時も認められたいと願っている。
認め言葉の中にも色々とあるが一番多く使われてい
るのが「先生」という認め言葉である。

また誰でも先生と呼ばれると認め言葉でもあるので
嬉しいと感じる心地よい言葉なのかも知れない。

又、誰でもが本能的に喜ぶとの理解から、
名前を呼ぶときなどや敬語の使い方 が判らないときなど
使うには非常に便利で使いやすい言葉である。

結論的に言 えば「人を喜ばせる言葉である」との
位置付けにもなり、便利な言葉でもある。

しかし、児童の指導言葉として、幼稚園クラスから
先生と呼ばせるならば子供達にも判りやすく一度は
説明をして上げることが先生を尊敬させるには大 
切なことなのでないでしょうか。

子供達から見れば先生の意味もわからず
その環境言葉として無意識の中で  
「先生」と呼ばせ、呼んでいることが多いが・・「先生」と
呼ばせる理由を正しく教えて上げるのも
親・先生の役割なのです。

木曜日には未来型「先生」とは

          アクエリアン・滝倉一生


   ----------------------------------------------

   関連する質問やご感想は、コメント欄へ。
   希望の方は、コメント欄へお書き下さい。

 
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。